FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも思い出すのは「藪の中」

芥川龍之介の短編小説に
「藪の中」というのがあって
殺人事件の関係者3人がそれぞれ証言するんだけど
3人とも自分に都合のいいように話すものだから
どこかそれぞれの証言がどこか食い違っているという物語。

藪の中 (講談社文庫)藪の中 (講談社文庫)
(2009/08/12)
芥川 龍之介

商品詳細を見る


誰かと話しをするときに
つい自分にいいようになりがちなのは
誰もがやってしまいがちなこと。

嘘とかデタラメまではいかなくとも
微妙に自分に都合がいいようになってしまったりとか。

最近その極端な例に遭遇しました。
なんていうか言ってることがまったく違うじゃん!みたいな。

だからなんでもそうだけど
まんま聞いちゃいけないんですよね。

人と会話してて
「あれ?なんか自分に都合のいいようなこと言ってるな」
って感じたりすると
いつも「藪の中」を思い出します。

たぶん自分に都合のいいように
話を微妙にねじ曲げてるなって。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kikunosuke007.blog35.fc2.com/tb.php/720-9c34e225
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

最近凝ってるアイテム



Nik Color Efex Pro3.0

52種類のフィルタを搭載! 様々な写真表現のお手伝いをしてくれるスゴイヤツ。 流行のポラロイド風写真や、アナログ時代のフィルム表現等、多彩な表現を直感的に行えるというとで、近々入手予定。

プロフィール

あばしり一家

Author:あばしり一家
グラフィックデザイナー、CGデザイナー、カメラマン、パチスロ液晶画面ディレクターなど転々として、現在AV制作者。

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

一般作DVD通販

FC2ブックマーク

サンプル動画

Copyright © あばしり一家
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。